ドラムやってみたいなら、必要なものは?

 

ドラムやってみたい。

ドラム やってみたい

 

 

ドラムをやってみたい時に必要なものを、

 

10文字で説明すると・・・・、

 

「スティックとパッド」です。(8文字)

 

 

ドラムやりたい時、まず必要なのは?

 

ドラムをやってみたい。

 

その時に、まずナニからはじめたら良いんだろう?
って思いますよね。

 

 

 

ドラムをはじめたい場合、用意してほしいのは、

 

ドラムスティック
練習パッド

 

 

ドラムをはじめるなら、ドラムスティックだけは用意しましょう!

 

 

 

もちろんドラムセットがあれば良いのですが、
スペースの問題や、騒音の問題もあります。

 

なので、
まずはドラムスティックを用意してください。

 

 

 

それと、練習用パッドも用意すると言いでしょう。

 

クッションや、座布団を叩いても良いですが、
やっぱり専用の練習パッドのほうが雰囲気が出ます。

 

 

 

 

ドラムをはじめる場合は、

 

まず、ドラムスティックと練習パッドを用意してください。

 

 

 

どのスティックを選んだら良いの?

 

ドラムスティックはどれを買う?

 

 

買うべきドラムスティックを、10文字で説明すると、

 

「楽器屋で買うな!」です。(8文字)

 

 

数あるドラムスティックを、選ぶとしたら?

 

初めてドラムスティックを買う時は、絶対迷います!

 

なぜなら、スティックの先端が、

  1. 丸型
  2. 角型
  3. 涙型
  4. 円錐型
  5. チップレス(先端がなく、太鼓のバチのような形)

などがあり。

 

 

先端の素材も木材やナイロンがり、

 

太さや長さも違いがあります!

 

 

 

楽器屋さんでは、
数百本のスティックから選ぶことになり、絶対に迷います。

 

 

はじめてで、ドラムスティックを選ぶのは無理なので、

ViC FIRTH VIC-5A ドラムスティック 【ビックファース VIC5A】【1ペア】

この辺を、購入しておけばよいでしょう!

 

 

ドラムスティックは、”最初はどれでも良い”んです。

 

慣れてきたら、太さや長さもしっくり来るものを楽器屋さんで選びましょう。

 

 

 

練習パッドも、この辺を購入しておけばよいでしょう。

 

 

もちろん、

 

ドラムスティックも練習パッドも、楽器屋さんで選びたい!

 

という方は、楽器屋さんに見に行くのはアリです!

 

 

どうやって練習したら良い?

 

ドラムの練習方法は?

 

 

ドラムの練習方法を、10文字で説明すると、

 

「自宅は限界まで」です。(7文字)

 

 

いざ、ドラムを練習するなら

 

ドラムってどう練習したら良い?

 

 

ドラムを練習するなら、

ユーチューブ
ドラムの教本

 

ユーチューブで「初心者 ドラム 練習」で検索して、
良さそうのチャンネルを見て練習をすればいいでしょう!

 

 

ドラムの教本を購入して、
練習するのも良いと思います。
近くにブックオフがあれば、探してみてはどうでしょう?

 

 

 

 

 

最初は、好き勝手に気持ちよくドラムを叩きたいですよね!

 

ユーチューブや教本を見ながら、
限界を感じるまで、自宅で練習してみてください!

 

 

まずは、

 

ドラマーとして、やりたいことをやれる所まで自宅でやってみましょう。

 

 

やっぱりスクールに通う。

 

本気になったら、スクールに通う!

 

 

限界を感じたあとを、10文字で説明すると、

 

「スクール+自宅練習」です。(9文字)

 

 

自宅で限界を感じた後は、スクールに通う!

 

自宅で気持ちよく、ドラムを叩いても、いずれ限界が来ます。
そして飽きます。

 

 

そうなったら、
スクールに通うサインです!

 

 

 

 

もちろん、最初からスクールに通うのもありです。
姿勢や持ちからなど、基本的なことも教えてもらえます。

 

独学のような限界もありません。

 

 

 

 

スクールに通ったとしても、自宅練習は必要です。
スクールで、ドラムセットを叩いた後は、
自宅練習も気合が入りそうです!

 

 

 

ドラムを教えてくれるスクールは少ないですが、
近所にあったら、ラッキーです。
独学で限界を感じtら、通ってみてはいかがでしょうか?

 

 

このスクールは、初心者にも合わせてくれるのでオススメです。
※校舎によって、ドラムを押していない場合もあります。

 

 

ドラムをやってみたいなら、

 

まずスティックと練習パッドを購入するところから始め、限界を感じたらスクールに通いましょう!