ベースをやってみたいけど、どうはじめたら良いか?

 

ベースをやってみたい!

ベース やってみたい

 

 

ベースをやってみたい人、やるべき事を10文字で説明すると、

 

「失敗を恐れない」です。(7文字)

 

 

ベースをやってみたいなら、失敗を恐れないコトです。

 

ベースと一言に言っても、”実は奥が深い”です。

 

聞き馴染みがない用語もあり、ベテランの言うことはチンプンカンプン。

 

 

ちょっとの間違いや、失敗で心が折れてはやってられません。
なので、失敗を恐れないことが重要なんです。

 

 

失敗を恐れず、どんどんやっていきましょう!

 

 

ー べーすをやる上で、絶対に必要なものは?

ベースをやる場合、必要なものは?

 

ベースはじめる上で、必要なものは?

 

 

ベースをはじめる上で、必要なものを10文字で説明すると、

 

「ベース以外にも要る!」(9文字)

 

 

ベースをはじめる時に必要なものは?

 

ベース本体だけが、あれば良いわけではありません。

 

ベース以外にも、「アンプ」やベースとアンプを繋ぐ「シールド」というコードも必要です。
さらに「チューナー」も絶対に必要です。

 

ベースをはじめる時に、絶対に必要なもの

  • ベース本体
  • アンプ
  • シールド
  • チューナー

 

ベース本体の生音は、すごく小さいです。
強く弾くクセがつくと、修正は難しいのでアンプは絶対必要です。

 

ベースをはじめる時に、あったほうが良いもの。

  • ベースを入れるケース。
  • 立って演奏する時に必要な、ストラップ。
  • 弾かない時に立てておく、スタンド。
  • 教則本。

ベースを裸で持ち運ぶわけにもいきません。
なので、ケースも欲しいところです。

 

 

とりあえずこれだけ揃えれば、一応OKです!

 

ー ベースをはじめたい時、いくら必要?

 

ベースをはじめる時、予算はいくらあればいいか?

 

ベースをはじめる時の値段は?

 

 

ベースをはじめる値段を10文字で説明すると、

 

「ズバリ最低3万」(7文字)

 

 

ベースをはじめる予算は?

 

ベースをはじめる場合、
ベース本体と、アンプとシールドとチューナーが必要です。

 

ベース(入門モデル)で、15,000円〜50,000円

(↑こちらはケースやシールド、アンプなどのセット)

 

 

アンプは、数千円〜

 

 

シールド 数百円〜数千円

 

 

 

チューナー 1000円〜

 

 

最低3万と書きましたが、セットで2万円弱のものもあります。

 

 

ー どうやって練習したら良いか?

 

ベースは、どうやって練習したら良いの?

 

ベースをやりはじめの場合の練習方法

 

 

ベース初心者が、どうやって練習するかを10文字で説明すると、

 

「習うのが一番」です。(6文字)

 

 

ベースの上達方法

 

ベースをはじめる場合、いろんなハードルがあるので習うのが一番です。
一言にベースと言っても、「ジャズベース」「プレジションベース」などがあります。

 

どれを決めたら良いのか?どうはじめたら良いのか分からない場合、
誰かに聞くのが一番です。

初心者が、ベースを練習するなら!

  1. ベースに詳しい知人に習う
  2. 教則本で独学
  3. ユーチューブで学ぶ
  4. ミュージックスクールに通う

 

1・ベースに詳しい知人
詳しい知人がいれば、色々聞いて教えてもらうのが一番でしょう。

 

 

2・教則本で練習

 

教則本を何冊か取り寄せて、独学で練習。

 

3・ユーチューブを見て練習

 

ユーチューブで、「初心者 ベース」で検索して、
良さそうな動画で練習。

 

4・ミュージックスクールに通う

 

初心者にも優しい・ミュージックスクールに通う。
ミュージックスクールにもよりますが、初心者にも優しい、
マンツーマンのスクールがおすすめです。
分からないことも出てくるので、何でも聞ける所が良いです。

 

 

 

 

 

ー タイプ別ベースの始め方!

 

結局ベースってどうやって始めたら良いの?

 

ベースのタイプ別始め方!

 

その低音が、女性の子宮に響くので、ベーシストはモテる!伝説。

 

「これは、ベースを始めないわけにはいかない!」

 

ということで、タイプ別のおすすめベースのはじめ方です!

 

 

 

 

タイプ別、ベースの始め方を10文字で説明すると、

 

「予算で決める」です。(6文字)

お金を用意できない場合と、ある程度用意できる場合のおすすめです!

 

 

 

 

 

お金があまり用意できない場合

 

お金が余り用意できない場合は、

 

チューナーやケース、教則本までセットで安価な、

↑このようなセットを購入し、

 

知人に教えてもらったり、ユーチューブで学ぶのが良いでしょう!

 

コレなら、
学生さんや主婦、お金があまりない人でもすぐ始められます!

デメリットとしては、

 

独学になるので、

 

ヘンなクセが付いてしまう可能性があるということです。

 

 

へんなクセがつくと、その後伸び悩んで、ブレーキが掛かります。

 

 

 

 

お金がある程度、用意できる場合

 

ある程度お金が用意できるなら、

 

ミュージックスクールに通って、しっかりと学ぶのが良いでしょう。

 

ただ、ミュージックスクールによっては、専門的すぎてついていけない場合もあります。

 

初心者にも優しい、ミュージックスクールということで、コチラをおすすめします。

デメリットとしては、

 

おすすめのミュージックスクールは、全国にありますが、ベースを教えてない校舎もあることです。

 

あとは、

 

お金がかかるコトですね。

 

最初からうまく出来るわけはないので、失敗を恐れずどんどんやっていきましょう!

 

 

どんどんやって、カッコいいベーシストになっちゃいましょう!

 

 

※ベースはアンプを使うので、ご近所迷惑にならないように。ヘッドフォンにつないで使いましょう。