来てくれてありがとう。いろいろ見ていってね。

しくみのパーツ(部品)

②みらいは、「最高」と「最悪」2つをかならず考える。

◆どんなみらいか、かんがえます。

◆このとき、「最高さいこう未来みらい」「最悪さいあく未来みらい」の2つをかならかんがえます。

◆「最高」と「最悪」をすと、それが全体像ぜんたいぞうになります。

◆全体像なので、それ以上いじょう、それ以下いかを考えないでよくなります。

のぞむ未来のために、なにをするべきか考えるりょうがすごくります。

これを、どう使う?





望む未来にために、どんなことをすれば良いのか?

「最高の未来」「最悪の未来」を出すことで、考えやすくなります。



最高と最悪の間に、”現実げんじつ”は必ずはいります。

何をすれば、”現実”は最高に行くか、逆に最悪に行くかを考えることで、

するべきことと、しちゃいけない事がわかります。

-しくみのパーツ(部品)