彼氏いらないという女性の裏心理が、ぐいぐいキテる!

彼氏いらないという女性の裏心理が、ぐいぐいキテる!

彼氏いらない

彼氏いらないという女性は、おかしいのだろうか?

今の御時世、生き方は様々だ。ということで彼氏いらないという女性が、おかしいということは1つもない。

なので彼氏いらないと女性が思っても、何一つ責められることではない。

でも、なぜ彼氏をいらないと思うのか?その心理は知っておいてもいいだろう。

このページでは、彼氏いらないという女性の心理について探っていこうと思う。

記事の内容

  1. 彼氏いらないという女性の心理はこれでした!
  2. 大学生でおかしい?
  3. オタクの場合は?
  4. 一生いらない心理は?
  5. 友達でいいとは?
  6. 彼氏いらない時期とは?
  7. めんどくさいから?
  8. モテるのに?
  9. 別れたいパターンは?
  10. 総括:彼氏いらないの心理のまとめ

 

彼氏いらないという女性の心理はこれでした!

心理

彼氏いらないと思っても、何も悪いことはない。

ただ、「なぜ彼氏いらない」と思うのか?この心理は知っておいて損はないだろう。

彼氏いらないという女性の心理は1つではない。

いくつかのパターンがある。なので、そのパターンを確認していこう。

大学生でおかしい?

彼氏いらないという気持ちは、大学生で持ってちゃおかしい?

大学生であっても、20代であっても、30代であっても、彼氏いらないと思うこと自体はおかしくない。もしそう思っていても、安心して良い。

「彼氏いらない」と思う理由はさまざまだ。どんな理由であれ、他人に責められる必要はない。

ただ、「なぜ彼氏がいらないの?」他人や家族が知りたいという気持ちにも、理解してあげて欲しい。家族や友人は、彼氏がいないのはもったいないと思ってしまうのだ。

彼氏がいてもおかしくないのに、彼氏がいないのだから。家族や友人は、本心から疑問に思っているので、それは理解してあげて欲しい。

ただ、本人には本人なりの事情があるのだ。

本来なら、家族や友人はその気持に寄り添ってあげなければいけない。そうであるべきだ。

多様性の時代において、自分の考えを押し付けるのはよくない。

「大学生になったんだたから、彼氏の1人や二人ぐらい…」なんて言葉は言いたくても、ぐっと呑み込まなければいけないハズだ。

ただ家族や友人は、そこまで人間が出来ていない。ついなんで彼氏いないの?と訊いてしまうのも、仕方ないのだ。なかなか難しい。

言えるのは、

高校生だろうと、大学生だろうと、彼氏がいらないという考えは尊重されるべき。ということだ。

オタクの場合は?

彼氏いらないと、オタクが思うのは悪いのか?

オタクは推しが基準になるので、現実の男性は見劣りしてしまいがちだ。そのため、2次元のはるか劣化版の男性を、彼氏とすることの意味がわからないのだろう。

オタクが、彼氏いらないと思うことは悪くはない。

ただ、2次元とは人間生活はできないのも事実だ。人生は本人の自由だが、結局ずっと独りになる。

推しの沼にハマって、年齢を重ねると最終的には孤独死だ。それも1つの生き方だが、実はもっとうまいやり方もある。

それが欲張ることだ。

推しは推しとして愛し、現実は現実で愛すのだ。オタクの場合、推しは愛せるのであとは現実の男性を愛せばいいだけである。良いのは、両方愛しても浮気にならないことだ。

大切なのは、推しと現実を比べないことである。

推しが良いのは当然だ。ただ、現実の男性にも良いところがあるのだ。なにより、ぬくもりがある。オタク体質の場合は、現実の男性の良い所を見るようにすべきだ。

現実の彼氏にも一途、推しにも一途だ。浮気にはならないので安心して欲しい。現実の彼に足りない部分は、推しに求めれば良い。それだけだ。

推しに勝てる男はいないので、推しとは比べないことだ。それぞれの良いとこ取りをするようにしてみて欲しい。

オタクは悪くにないし、推しがいるのも悪くない。でも現実の彼を持つのも悪くないのだ。

ちょっとがんばって、現実の男性の良い所を見るようにしてみよう。

一生いらない心理は?

一生彼氏いらないっていう、女性の心理はなんだろう?

一生ということで、かなり強い意志を感じる。本来、恋愛感情はとても揺れているものだ。にも関わらず、一生彼氏いいらないと宣言してしまっている。

これはどういうことなのか?

例えば、感情的になっての一生彼氏いらないというのは、一時の考えなので取り合わなくてよいだろう。冷静になれば、考えを変えるからだ。

考えを変えるからと言って、その時は本気で思っているので、そこは尊重したい。否定して、逆なでしたら無駄に関係が悪くなるだけだ。

では、一生彼氏いらないという人は、なぜそういう状況になるのか?考えられるのは次の5つだ。

一生彼氏いらないという人は、

  1. こっぴどく彼氏に振られた場合。
  2. 推しが強力に好きな場合。
  3. 彼氏を負担に思う場合。
  4. 彼氏のための、おしゃれが面倒な場合。
  5. モテないので、強がりで言っている場合。

このような場合が考えられる。

どれも、真面目に受け止め過ぎるのかもしれない。もう少し気楽に考えて良いのかもしれない。

ということで、まずは共感してあげて欲しいところだ。その上で気楽に考えて良いことを伝えてみたい。あまりにも真面目に捉え過ぎるからだ。

もっと気楽に、テキトーに捉えて良い。一生彼氏いらないというのは、極端な考えである。テキトーな人は、極端な考えはしない。極端な考えは、真面目すぎる人の考えなのである。

極端に捉えすぎているので、もっと緩めて良いんだよという事を伝えたい。それと、ネガティブに捉えすぎているので、ポジティブな要素を伝えてあげたい所だ。

彼氏がいて良いことを伝えて、彼氏がいないことのマイナスを伝えれば、徐々に極端な考えも緩んでくるはずだ。

友達でいいとは?

彼氏いらない、友達でいいという女性はどんな考えなのだろう?

男性とも友達付き合いできるということで、コミュニケーション能力はある女性なのは間違いない。

さらに、非常に魅力的でチヤホヤされるタイプだと考えられる。つまりモテるのだ。ということは…

自分のやりたいことがあり、彼氏を持つことでそれが妨げられるのを嫌っているのもかもしれない。

または、他の男性とも遊びたいので一人に決められないのかもしれない。

他には、束縛を嫌い気楽でいたいのかもしれない。

どちらにしても友達でいいという人は、かなり余裕がある人だ。正直モテモテだ。だから余裕で、彼氏でなく友達で良いと言えるのだ。

余裕のある女性の考えを変えることは、難しい。友達で良いという女性は、諦めたほうが良いだろう。アプローチしても良いことはない。

熱くなってしまうのは分かるが、悲劇しかない。それを知った上で、アプローチするのは構わない。

そんな感じなので、彼氏いらない、友達で良いという女性は、真面目に誰かと付き合うのは少し先になる。いや、かなり先になるかもしれない。

彼氏いらない時期とは?

彼氏いらない時期というのは、どんな状態だろうか?

これは簡単にうと、気分である。かっちりとした時期が存在するわけではなく、そんな気分の時があるのだ。

彼氏をいらない気分は、やることが沢山で充実している時が多いようだ。生理的なものかと思ったが、どちらかといえば環境要因がその理由のようである。

そして、彼氏のいらない時期というのは、個人差も大きい。

彼氏いらない時期がある人と、1回もない人がいる。その人の性格によっても違ってくるのだ。気分なので当然と言えば当然であるが……

彼氏がいらない時期というのは、感覚的なものなのであり、不安定なものだ。なので彼氏いらない時期と言っても、それはすぐ覆る可能性も高いのだ。

「彼氏いらない時期」と女性が言った場合、男性は少し距離をとって暖かく見守るのが良さそうだ。

なぜなら、「彼氏いらない時期」は、男性のコトを【うざい】と感じる時期でもあるからだ。これは気をつけた方がいい。

「彼氏いらない時期」は、男性を【うざい】と感じる時期なのだ。

だからこそ、距離をとったほうが良いのだ。男性を【うざい】と感じるこの時期に距離が近いと、関係を悪化させるリスクが高まってしまう。

「彼氏いらない時期」と女性が言った場合、距離を開けて暖かく見守ろう。それがあなたの身の安全のためでもある。彼氏いらない気分があるので、気をつけてくれ。

めんどくさいから?

めんどくさい

彼氏いらない理由で、めんどくさいからと言うのはあるのか?

じつは、めんどくさいというのは、とても多いのだ。女性は彼氏と付き合うとなると、化粧やおしゃれや身だしなみ、さらにしぐさや声色まで女性モードにする必要がある。

同性の友達同士の気楽な付き合いとは違い、男性と付き合うとなるとそれだけでやらなければならないことが増えるのだ。

やらないといけないことが沢山あるので、めんどくさいと感じる女性は多いのだ。

普段から女性モードで生活している人は良いが、モードをオフにしている女性はめんどくさいと感じるのである。

女性の女性モードは自然になるものではなく、スイッチを入れる必要があるのである。もちろん自然とスイッチが入る人もいるが、そうでない人もいる。

みんながみんな、いつでも女性モードでいるとは限らないので、受け取る側も柔軟でいたいところだ。

逆に言えば、いつでも女性モードの人は、それなりに大変なのだ。

めんどくさいことをして、いつもキレイでいてくれるのである。それは努力であり、男性陣はそのコトを感謝すべきなのである。

男性に感謝が足りない所も、彼氏づくりをめんどくさがる理由のひとつなのかもしれない。

もうひとつ付け加えると、女性同士も女性らしさには、けっこう厳しく指摘し合っている。指摘されることに嫌気がさしている女性も、おしゃれ自体めんどくさがる傾向があるのかもしれない。

女性と言っても、いろんな女性がいるので一括りで考えないほうが良いだろう。

なので、”女性らしさ”を求め過ぎるのも、男性陣は気をつける必要があるだろう。

モテるのに?

彼氏いらないという人の中に、モテるのにもったいないという場合がある。

これはモテるのに、彼氏いらないというより、モテるからこそ彼氏いらないという方が正しいだろう。

彼氏はいつでも出来るから、いらないという感じである。

彼氏いらないというのは、女性の方からの意思だ。イヤイヤで、彼氏がいらないとは言っていないのである。自己の意思で、彼氏はいらないのだ。

場合によっては、モテるからこそ男性に嫌気が差しているのかもしれない。

モテすぎるので、しばらく独りでいたいのかもしれない。モテる人にしかわからない、そんな気持ちもあるのだ。

逆に、彼氏がいてはチヤホヤされなくなるというのもあるかもしれない。

1人に絞ると、モテなくなってしまう。なのでチヤホヤされたい女性は彼氏を作りたくないのだ。こんな気持もあるかもしれない。

どちらにしても、周りがもったいないと思わなくてもいいようである。心配してあげるのは、時間の無駄だ。正直、あまり関わらなくて良いようである。

そんな女性もいるので、遠巻きで見るくらいで良さそうだ。関わる必要はない。

別れたいパターンは?

彼氏いらない、別れたいというパターンもある。

こちらの場合は、彼氏がいないのではなくいるパターンだ。彼氏に嫌気が差して、別れたいと思っているのだ。それなのに別れられないので困っているのだろう。

別れたいという場合は、色んな理由がある。

一番多いのが束縛がきついということだろう。彼の自己愛が強いのと、不安が束縛というカタチに変わるのだ。

好きだというよりも、自己愛が強いために、彼女のことは考えずに束縛するのである。彼女の方は窒息してしまう感覚になるだろう。

別れたいが、彼女の方も依存している場合は、別れられない。これは難しいところだ。だがよく話である。

彼氏に嫌気が差して、別れたいというパターンもよくあることだ。だが、これまでの話とは違うので、参考までに最後に載せておいた。

このページを見ている人は、彼氏がいないのが前提の、「彼氏いらない」という女性の気持ちが知りたい人だろう。

なので、最後は蛇足として受け止めて欲しい。それでは総括していこう。

総括:彼氏いらないの心理のまとめ

彼氏いらないという女性の心理は、どんなものだろうか?

その女性の心理をこのページでは、紹介させていただいた。それをまとめよう。

◇大学生で彼氏いらないと思うのは、悪くない。尊重すべき。

◇オタクの場合、推しだけでなく、リアルの男性の良い所も見るべき。

◇彼氏を一生いらないというのは、一過性。もっと、気楽に考えよう。

◇友達でいいは、余裕のあるモテる女性。

◇彼氏いらない時期は、環境と性格による。

◇めんどくさいから彼氏いらないのは、実際めんどくさい要素が多いから。

◇モテるから、彼氏いらないという女性が実はいる。

◇別れたい人の彼氏いらないは、嘆きの言葉。

いかがだろうか。彼氏いらないと一言で言っても、パターンはさまざまだ。

真逆の意味を持つ場合もある。女性はいろいろ大変であるし、気まぐれでもある。あまり硬く考えすぎず、距離を取って暖かく見守るのが良いようだ。

彼氏いらないという女性に、焦らせるのは逆効果である。ゆっくり、気楽に共感してみよう。孤独ではないことだけ、分かってもらえればそれで良いのだ。

彼氏いらないの心理は、色んなパターンがある。ぐいぐいキテるのは、その複雑な迷宮の心理である。知れば知るほど深く、興味深くてぐいぐい来るのだ。

わかる人だけ、分かってもらえればありがたい。

タイトルとURLをコピーしました