ダイエット中学生の、極め方!痩せるか?ゴミで終わるか?

ダイエット中学生の、極め方!痩せるか?ゴミで終わるか?

ダイエット 中学生

ともかく痩せたい!

そんな中学生が絶対見るべき、ダイエットの極め方!あなたは痩せるのか?それともゴミで終わるのか?さあ、どっち。

中学生は、自分の体型が気になってくる年齢。

ただ、成長過程で体型も変わり、体の中でも急激に大人に変わっていく時期でもある

そんな時期に、やってしまうのが食事をしない「ゴミダイエット」

中学生がやってしまう、間違った「ゴミダイエット」は、食べずに体重を落とす方法である。

中学生のダイエットは、これをやってしまいがちだ。

古い方法だし、頭の悪いダイエット法である。中学生であってもこんな「ゴミダイエット」はするべきではない。

このページでは、本当に痩せてキレイになれる、中学生のダイエットの極め方を紹介していく。

記事の内容

  1. ダイエット中学生は、なぜかゴミダイエットを選ぶ。
  2. 体重を落とす=キレイと誤解
  3. 自分の限界を知るべき
  4. 自分の魅力を探す
  5. 言葉だけで、ダイエットしている気にならない
  6. ガリガリに痩せる方法は?
  7. 成功するには?
  8. 総括:ダイエット中学生の、極め方!のまとめ

 

ダイエット中学生は、なぜかゴミダイエットを選ぶ。

中学生

なぜ、中学生でダイエットをすると、ゴミダイエットを選ぶのだろうか?

中学生に、正しいダイエットの方法を教えたとしても、何故かゴミダイエットを選んでしまう。人の話を聞いても、活かそうとしないのだ。

食事をしない「ゴミダイエット」を、なぜかしてしまうのである。意外にダイエットをする中学生は、頑固なのだ。

なぜ、食べないゴミダイエットを、頑固にしてしまうのか?

まず、この頑固さをなんとかしないと、中学生は「ゴミダイエット」をし続けるだろう。

あなたもきっと「ゴミダイエット」をするに違いない。痩せてキレイになりたいのは分かる。ただ、やり方が間違っている。

非常に安易で、頭の悪い方法が「ゴミダイエット」だ。

中学生がダイエットを極める方法の前に、この頑固な「ゴミダイエット」を何故してしまうのか押さえておこう。

体重を落とす=キレイと誤解

ダイエットをすうる中学生は、なぜか体重を落とす=キレイと誤解している。

体重を落とす=キレイと思っている人は、中学生に限らず「ゴミダイエット」をしてしまう。安易なダイエットに、走ってしまいがちなのだ。

確かに食べなければ、体重は落ちる。

体重が落ちればキレイだと思っているならば、本人はキレイになっているつもりなのだろう。ただ実際は、筋肉が落ちて痩せにくい体になっている。

食べないゴミダイエットは、無理をしているので体重が落ちた途端、ドカ食いして+3kg。リバンウンドしてしまうのだ。

リバウンドした上に、飢餓状態の時に筋肉を消費しているので、痩せにくくなるのだ。

筋肉の量が多ければ、基礎代謝が高まり痩せやすくなる。食べないゴミダイエットは、痩せるのに必要な筋肉を減らすだけなのである。

筋肉がどんどんあなたを痩せさせてくれるのに、ゴミダイエットで、その筋肉を減らしてしまっているのだ。

あなたが、体重を減らす=キレイと思いこんでいる以上、そのダイエットは必ず失敗する。

キレイにに痩せてる人は、筋肉を減らしたりはしないのだ。プロのモデルさんは、ストイックに体を鍛えている。つまり筋肉を増やしているのである。

痩せさせてくれる筋肉を減らす、「ゴミダイエット」をあなたはそれでもするのだろうか?

体重を落とす=キレイという誤解を、まず捨てる事がダイエットを極める最初の一歩だ。

自分の限界を知るべき

中学生でダイエットするなら、自分の限界を知るべきだ。

おそらく、まだ食事を我慢する「ゴミダイエット」をしようとしているだろう。女子中学生は結構ガンコなのだ。頭でわかっても「ゴミダイエット」をしてしまう。

私はそれを知っている。そこでだ。

そこで、まずは自分の限界を知ってほしい。アイドルや韓流スターなど、本当にスタイルが良い。彼らはプロなので、それが仕事なのだ。

ただ女子中学生は、プロではない。そこまでする必要がないのだ。

にも関わらず、まるで芸能人のようなスタイルを求める。しょうじき、そこまでする必要があるのか?もしかしたら、生まれ持ったものが違うのかもしれない。

韓流アイドルはスタイルがいいが、あれは選ばれているのだ。スタイルの良い子だけを選んでいるのである。その上で、プロとして努力しているのだ。

モデルさんも、最初からスタイルの良い人が、努力して維持をしているだけなのだ。

あなたはそこまでのスタイルになれるだろうか?

もし素材が違うなら、どんなに痩せても望むスタイルにはなれない。これは現実だ。自分の限界を、まず確認しよう。

自分の限界を確認した上で、自分ができる最高を目指してダイエットしよう。

女子中学生は、夢を見すぎなのだ。もちろん夢を見るのは構わない。ただ、出来ないものは出来ないのである。

韓流アイドルのように、脚を長くしようとしても無理なのだ。あれは、脚の長い子が選ばれているだけだからだ。

自分の限界の中で、努力するのが正解だ。限界以上を求めると、どんなにきれいになっても不満になる。それはとても不健康だ。

そしてその不満は、「ゴミダイエット」をする理由になる。

限界以上の無理な自分を求めると、「ゴミダイエット」をするしかなくなる。もちろん「ゴミダイエット」をしてもキレイになれるわけではない。

どんなにやっても、理想に近づかず不満だけが残る。そうならないために、自分の限界以上を求めるのはやめよう。

と、ここまで言っても、まだ「ゴミダイエット」をあなたはするだろう。さて、どうしたものか。

自分の魅力を探す

中学生がダイエットするなら、自分の魅力がどこにあるかを探そう。

これだけ言っても、おそらく食事をしない「ゴミダイエット」をあなたはするだろう。

とても頑固なのは、存じ上げている。そこで確かめてもらいたいのは、あなた自身の魅力である。あなたの自分自身の魅力がどこなのか、確認して欲しい。

売れている芸能人は、顔も体もキレイだが、それだけでは売れない。売れている人より、もっとキレイな人はたくさんいるのだ。

なぜ、もっとキレイな人を差し置いて、売れている人がいるのか?

それは、キレイ以外の魅力があるからだ。自分の魅力を知って、それを磨いているからである。それは笑顔だったり、喋り方だったり、仕草だったり、生き方だったり。いろいろだ。

芸能人もモデルさんも、キレイの他にいろんな努力をして、自分の魅力を磨いている。

あなたは、自分の魅力に気づいているだろうか?

その魅力を磨いているだろうか?本来は、あなたの魅力を知り、その魅力をさらに磨くことに力を入れるべきなのだ。

自分の魅力を磨き、自分に自信をつければ、ただ体重を落とすことが安っぽい考えだと気づくだろう。

まず、あなた自身の魅力に気づいてくれ。そして同じ魅力を持つ芸能人が、どんなふうにその魅力を磨いているかを研究してくれ。

芸能人はプロなので、自分の魅力を磨いている。

あなたも自分の魅力を磨いて、もっと魅力的になるべきだ。痩せることだけに、価値を見出していてはあなたはキレイになれない。

自分の魅力を磨きつつ、その上で見た目をキレイにすべきなのである。

これだけ説明すれば、すこしは分かってもらえると思う。ただ、じっさいダイエットとなると、食事をしない「ゴミダイエット」をしてしまうだろう。

もう「ゴミダイエット」だけが、ダイエットだと記憶に焼き付いてしまっているのだ。なので、「ゴミダイエット」の選択しか出来ないのである。

どんなに説明しても、「ゴミダイエット」をしてしまうのはそのためだ。さて、どうすればいいだろう…。

言葉だけで、ダイエットしている気にならない

中学生のダイエットは、言葉だけでダイエットしている気になる。

これはとても危険だ。ダイエットと言う言葉だけで、ダイエットしている気になってしまう。そしてそのダイエットというのが「ゴミダイエット」なのだ。

中学生にとって、「ゴミダイエット」こそがダイエットなのである。

これではみんな「ゴミダイエット」をしてしまうのも当然だ。食事をしない「ゴミダイエット」こそがダイエットなのである。

これは重症である。食事をしない「ゴミダイエット」は、リバウンドするし、痩せにくくなると教えても、それがダイエットだと思いこんでいるのだ。

この思い込みをなくさなければ、いつまでも「ゴミダイエット」をしてしまうだろう。女子中学生の場合は、生理が止まったり、肌荒れなど健康被害を起してしまう。

だが、それがダイエットなのである。「ゴミダイエット」こそがダイエットなのである。

これでは何を言っても、どんなに説明しても無駄なのだ。残念ながら、「ゴミダイエット」をしようとするだろう。

「ゴミダイエット」がリバウンドするならば、太るダイエットだとも言い換えられる。中学生がするダイエットは太るダイエットなのである。

ダイエットの言葉に、ダマされていると気づいて欲しい。食事をしないゴミダイエットは、太るダイエットなのだ。

中学生は、太るダイエットをがんばっているのである。

ガリガリに痩せる方法は?

中学生のダイエットで、ガリガリに痩せる方法は、どうだろうか。

ガリガリに痩せれば、キレイになれる。そう思いたい気持ちはわかる。だが、ガリガリに痩せる方法は、太る「ゴミダイエット」だ。

ガリガリ痩せれば、キレイに魅力的になれると思っているのだろうが、幻想だ。じっさいガリガリに痩せても、きれいになる保証はない。

芸能人のように、キレイになれる保証などない。ただただ細くなり、そしてリバウンドして太るダイエットのリスクが高まるだけだ。

ガリガリに痩せるのが、キレイになるというのはただの思いこみだ。

ガリガリに痩せさえすれば、私もキレイになれるというのは、幻想である。ガリガリに痩せていても、それほどキレイじゃない人もたくさんいるのだ。

気持ちはわかるが、現実は幻想のようにはキレイになってくれない。

そればかりか、ガリガリに痩せる方法は、太るダイエットに直結する。こんなはずじゃなかったという結果になるだろう。

そうならないために、ガリガリに痩せる選択肢は捨てよう。幻想は捨て、現実的にキレイになる方法を探そう。

成功するには?

中学生でダイエットを成功させるには、どうすれば良いのか?

中学生だと、実際は出来るダイエットはとても限定的である。給食もあるし、親が協力してくれるとも限らない。

ダイエットは消費カロリーが摂取カロリーより多ければ成功する。

つまり消費カロリーを増やして、摂取カロリーを減らせば良いのだ。筋肉を増やすことで基礎代謝が上がり、消費カロリーは増やせる。

摂取カロリーは、食べる量を適切にすることでコントロールできる。

お米やパンや、お菓子を食べる量を適切にして、タンパク質を多く摂るようにするのが基本である。つまりお肉や魚を沢山食べるようにすすれば良いのである。

とはいえ、中学生は食べ物を自由にコントロールする権限は、ほぼないだろう。とすれば、筋力を増やして基礎代謝をあげるしかない。

体育の授業と併せて、階段の上り下りやYou Tubeでの家トレを見て、筋トレをしてみよう。

基礎代謝が増えれば、ダイエットに成功するはずだ。体を鍛えるとたくさん食べたくなるが、そこはグッとこらえよう。

気持のままにご飯を食べると、全く意味がない。

ダイエットを成功させるには、体からの欲求に打ち勝つ必要がある。しかも、一時的にではなくずっと耐えてキープする必要があるのだ。

とはいえ、習慣化してしまえばさほど苦しくなくなる。しばらくやって、体に覚え込ませれば、体は欲求をあきらめるのである。

これが、キレイに痩せられる方法だ。

中学生でダイエットを成功させていなら、階段の上り下りや家トレで筋肉を鍛えていこう。

筋肉はあなたをどんどん痩せさせる、最高の仲間なのだ。ぜひ試してみてくれ。それでは総括していこう。

総括:ダイエット中学生の、極め方!のまとめ

中学生でダイエットする場合に関して、いろいろと考察してみた。

考察というより、大半はダメ出しになってしまった。それでも実際に食事をしない「ゴミダイエット」をしがちなのだ。そこを改めなければ、まともなダイエットは出来ないのである。

また長くなりそうなので、総括していく。

◇食事をしないのは「ゴミダイエット」

◇中学生は、「ゴミダイエット」をしがち。

◇体重を落とす=キレイになれると誤解がある。

◇幻想を見がちだが、現実は痩せてキレイになる保証はない。

◇自分の魅力を探すのが、ダイエットより有効。

◇「ゴミダイエット」は太るダイエット。

◇ガリガリに痩せる方法は、太るダイエット。

◇ダイエットに成功するには、筋肉を増やす。

◇階段上り下りや、You Tubeの家トレ動画で筋トレ。

いかがだろうか?

流石にちゃんと読んでもらえたら、食事をしないという「ゴミダイエット」は選択肢から外れただろう。

ダイエットは知識である。

しっかりとした知識を持って、ダイエットをしていこう。中学生なのだから、ネットを活用して本物のダイエットの知識を見つけることは可能なはずだ。

決して、太るダイエットはしてはいけない。「ゴミダイエット」はしてはいけないのだ。

タイトルとURLをコピーしました