キャリ婚落ちた!なんで落ちるの?理由と条件、裏事情も…なるほど。

キャリ婚落ちた!なんで落ちるの?理由と条件、裏事情も…なるほど。

男性 落ちる

キャリ婚は、株式会社ninoyaが運営する婚活サイトである。

NHKでも特集が組まれ、BuzzFeedやねとらぼでも取り上げられ、注目を集めている。

大きな特徴は、女性が有料、男性が無料で利用できる点だ。男性にとって天国のような婚活サイトに思える。が、そうでもなさそうだ。それはなぜか?

その理由は、キャリ婚では男性が事前審査で落とされるという話があるからだ。これは一体どういうことなのか?それを実際に確認していこう。

記事の内容

  1. キャリ婚に落ちた!は本当だった!
  2. 具体的な審査基準は非公開だが、前提条件はきびしかった!
  3. 裏事情が発覚?ぶっちゃけすぎると、これが現実!
  4. サクラの可能性はないのか?
  5. 炎上したことはないの?
  6. キャリ婚の評判ってどんな感じ。正直……だった。
  7. 地方はどうなのだろうか?
  8. 女性はどうなのか?
  9. 男性はどうなのか?
  10. 総括:キャリ婚落ちた!や、炎上や評判に関してのまとめ。

キャリ婚に落ちた!は本当だった!

キャリ婚に落ちた!は本当だった!

キャリ婚は、男性にとって天国のような婚活サイトである。なぜならば無料だからだ!

ただ、実際そこまで簡単ではない。なぜなら、審査で落とされるからだ。これは本当だろうか?

キャリ婚で男性が落とされるという噂。本当にそんな事があるのか?じつはこれは本当であった!しかもかなりの男性が事前の審査で、落とされているというのだ。始める前から、残酷にも門前払いにされているわけだ。

これでは男性にとって、決して天国ではない。そればかりか、男性としてダメだと烙印を押されるようなものである。かなりむごいシステムなのだ。

キャリ婚という婚活サイトは、入ってしまえば天国だが、入る前は男性が厳しくチェックされる、非情なサービスだとも言える。

では、どんな審査があるのだろうか?

具体的な審査基準は非公開だが、前提条件はきびしかった!

キャリ婚の審査基準は非公開である。

審査基準が非公開である以上、厳密に合格基準を示すことは出来ない。ただ、どのような男性が実際に落ちるかという、前提条件は公開されている。その前提条件を見ていこう。

前提条件をクリアすることが、男性側の最低限の合格基準だと言っていいだろう。その前提条件はどんなことだろうか?キャリ婚の前提条件を見ていこう。

キャリ婚が排除する前提条件

  1. 共働きの意識が浅い男性を排除
  2. 既婚男性を排除
  3. 結婚を真剣に考えていない男性を排除
  4. ヒモ男性を排除
  5. 専業主夫希望男性を排除
  6. ヤリモクや遊び目的の男性を排除
  7. 年収300万円以下の男性を排除

と、最低合格基準だけ見ても、かなり厳しいと言える。ジェンダーの意識が高まる現代で、中ではやりすぎな条件もあるようにみえるが、結婚を真剣に考えるほどに保守的になるものだ。少しやりすぎに感じるのも、仕方がないだろう。

この条件を問題視する人は、キャリ婚自体を否定すれば良いだけである。または、相手にしないほうが良いだけである。

裏事情が発覚?ぶっちゃけすぎると、これが現実!

キャリ婚の裏事情は、女性が有料ということである。というより、表にも出ているコトだ。

キャリ婚は女性が有料、男性が無料なのだ。つまり男性が商品となり、女性はキャリ婚が集めたラインナップから選ぶことになる。

女性としてはお金を払っている分、真剣である。男性も、厳しい審査を通ったという自負がある。そんな女性と男性の婚活サイトが、キャリ婚なのだ。

男性が商品であるというのは、キャリ婚は決して口には出さない。ただし、実際はそうである。より条件を厳しくし、誠実で収入も安定した男性を商品としてラインナップするのだ。女性が喜ぶ男性が、並ぶわけだ。

ここまであからさまには、キャリ婚側は言えないだろう。ただこれは事実だ。つまりこれがキャリ婚の裏事情となる。

男性の条件を厳しくするほど、商品のラインナップは充実する。それにより、有料で入会している女性会員は満足するのだ。

ただ、男性は商品ではない。この条件を受けて、本気でこのサイトを利用する男性がいるのか?サクラではないかと、心配になる人もいるのではないかと思う。

さてどうだろう?キャリ婚を利用する男性は、サクラなのだろうか?

サクラの可能性はないのか?

サクラ いないの

キャリ婚の男性は、サクラということはないのか?

これは、考えが回る女性なら、誰しもが思う疑問だろう。どのマッチングサービスにもサクラはついてまわる。キャリ婚の場合、どうなのか?

正直もしサクラがいたとしても、それはトップシークレットだ。どのマッチングサービスでも、サクラはトップシークレットであり絶対口外されない事実だ。

キャリ婚に登録している男性の中で、サクラがいないとは断言はできない。ただ、現代は共働きに前向きで年収が高い男性は多い。これは個人的な見解だが、キャリ婚にサクラはほぼいないと思っている。

なぜなら、料金がとてもリーズナブルだから。これが20万円以上もするのであればサクラを雇うことも可能だろうが、ひと月1万円程度の料金しかとっていない。

これでは、サクラを雇うのは難しい。ある程度人数がいないといけないし、秘密は絶対に守ってもらわなければならない。それにしては、料金が安すぎるのだ。

もちろんこれは、私の想像でしかない。ただ、現実的にサクラを雇うには、リーズナブルすぎる。そう私は思うのだ。キャリ婚の公式サイトでも、実は儲かっていないと、裏事情を暴露している。あまり儲からないビジネスモデルで、サクラを雇う余力はないだろう。

その点から見ても、キャリ婚はサクラの男性はいないと、わたしはみている。

炎上したことはないの?

キャリ婚は炎上したことはないのか?

いろいろ調べてみたが、キャリ婚自体炎上したことはないようだ。炎上したといえば、おたくに特化した「とら婚」の方である。

おたくに特化しているのに、おたく以外の付加価値を求めたことにより、炎上してしまったのである。とら婚側の気持ちもわかるが、ナイーブなオタク体質の人にそれ以上を求めるのは、配慮に欠けていただろう。

ということで、キャリ婚自体の炎上は見つからなかった。ただキャリ婚の場合、年収条件や専業主夫志向の人は排除される。排除された男性から見れば、炎上含みであるコトは間違いない。

事実として、申し込んだ4割の人は落とされるのだ。かなり傲慢な体質といえばその通りだろう。最初から周知徹底して、お断りしておけばこの悲劇は防げるのだ。わざわざ4割も落とす必要はない。わざわざ、傷つく男性を作る必要はないのだ。

これから炎上するとすれば、この男性への排除志向から起こるだろう。私はそう思っている。

追記:炎上とまでは行かないが、公式のツイートにいろいろと意見は出ているようだ。それがこちらだ。

キャリ婚の公式の声に関して、色んな意見があるようだ。結婚や子供に関しては、センシティブな内容なので、最新の注意をはらいたい所だ。この程度では、炎上とまでは言えないだろうが、一応載せておいた。

では、次へ進もう。

キャリ婚の評判ってどんな感じ。正直……だった。

口コミ

キャリ婚の評判は、どんな感じなのだろうか?

一番気になる所は利用者の評判ではないだろうか?そこで、キャリ婚を利用している人の声を、確認してみた。

すると、正直な所きびしい中身が見えてきた。
これがキャリ婚利用者の声だ。

どうだろうか?キャリ婚が使いにくいようだ。これは改善を求む。まあ、これはいい。

困るのは男性が少ないこと。これは致命的だ。男性側が前提審査を通過しても、女性が気に入らなければ連絡が来ず放置される。非常に悲しい事態だ。そもそも、条件がきつすぎだし、女性に都合が良すぎるようだ。

専業主夫も排除されるのは、偏った考えだろう。専業主夫を、ヒモと同類に扱っているキャリ婚運営者の偏見に基づくものだ。これでは、専業主夫を希望する女性は逃げてしまう。専業主夫をヒモと考えてしまう運営は、固定観念の塊だ。

評判を見る限り、いろいろな所でギクシャクしている。そう感じさせるのがキャリ婚だ。男性の方からアプローチできないとなると、それはまるでペットショップの犬だ。陳列される男性を選ぶシステムと言ってもいいだろう。これもどうかと思う。

男性は無料な分、圧倒的に受け身なのだ。これで面白いのだろうか?本当に結婚を真剣に考えている男性は、嫌にならないのだろうか?評判を見る限り、腑に落ちない点がたくさん出てくるのは確かだ。

これはもちろん個人的な意見だが、運営の意図が強く出すぎている印象を受ける。もっと柔軟なシステムをのぞむのは、おかしな考えだろうか?あなたはどう思うだろう。

地方はどうなのだろうか?

ツイッターの口コミを見る限り、地方の場合かなり厳しいと言わざるをえない。

これはどの結婚相談所もそうだが、やはり地方は難しいようだ。キャリ婚は独自路線なので、他との提携がなく更に厳しい印象である。他と提携していれば、よりたくさんの相手とマッチングできるはずだ。

地方であっても、選択肢が増えるだろう。だが、キャリ婚は条件の厳しさから、他との提携は無理だろう。となれば、やはり地方は過疎るのだ。

地方でキャリ婚を利用するのは、かなり難しいと思われる。

女性はどうなのか?

ここでキャリ婚を利用する上での、女性はどうなのかを補足したい。

キャリ婚を利用する場合、女性は無料会員と有料会員がある。女性は有料な代わりに面談はない。落ちることもない。バリキャリでなくても通るので、興味があれば一度サイトを見てみるといいだろう。

料金は、

  1. 3ヶ月コース36,300円
  2. 6ヶ月コース59,400円
  3. 12ヶ月コース92,400円

キャリ婚サイト>

男性はどうなのか?

男性の場合がキャリ婚を利用する上で、どうなのかも確認する。

男性の場合は完全無料でキャリ婚を利用できる。入会金0円。月会費0円だ。ただし、事前面談があり4割が落とされる。

男性からは一切アプローチできず、向こうからのアプローチを待つしかない。受け身の婚活になる。

これが男性の場合だ。受け身のほうが良い男性には、本当に向いているシステムだろう。

総括:キャリ婚落ちた!や、炎上や評判に関してのまとめ

キャリ婚に関しての総括をしてみる。

◇キャリ婚は、男性が審査で落とされるのは本当。

◇裏事情というか表だが、女性が有料なだけに、男性が商品のような扱い。

◇キャリ婚はサクラはいない。…と思う。

◇炎上はキャリ婚ではなく、とら婚。

◇キャリ婚は、合う人と合わない人がいる。

◇キャリ婚は地方の人は、ちょっと厳しい。

◇キャリ婚、女性は無料会員と有料会員がある。

◇男性は入会金0円。月会費0円。

今回は、キャリ婚に関していろいろと考察してみた。正直かなりきびしいことも述べた。不愉快な思いされた人がいたら、本当に申し訳ない。

キャリ婚は、合う人には合うし、合わない人には合わないという印象だ。つまり好き嫌いが分かれるのだ。

とくに、専業主夫志向の男性も排除している。専業主婦を男性に望む女性には合わない。キャリ婚は専業主夫はヒモ扱いなのだ。この古臭い考えをキャリ婚は持っているので、すべてにおいて凝り固まっている。

なので、合う合わないが出てくるのである。キャリ婚が良い悪いではなく、合うか合わないかなのだ。それを結論として結びたい。

タイトルとURLをコピーしました